本文へスキップ

オフロード奮闘記.comは、全国のオフローダーにオフロード情報を発進していきます。

○○○○○○○○○○○○○○○ビルダー会





  ホンダCRM250ARのARCバルブが固着しないようにクリーニングします。

と言っても、シリンダーヘッドは開けずに、
チャンバーとプラグを外すだけで簡単に行えます。

 まず、邪魔になるシートと燃料タンクを外します。

 チャンバーを外します。

 チャンバーの下の部分のフレームと接続されているボルトを外します。

 チャンバーとサイレンサーが接続されている近くにボルトを外します。

 チャンバーを外したついでに、耐熱塗料で錆びているところを綺麗にします。

 サイレンサーも外しておいた方が、チャンバーを取り付ける時に楽です。


 エンジンの排気口が真っ黒けです。カーボンが付着しています。

 これはLEDのライトです。これで、排気口の中を覗きます。

 ARCバルブを動かすカムが入っているフタを外します。

 このカムがモーターで動き、ARCバルブを作動させます。これを手で動かして、
ARCバルブを開閉させます。

 これでカーボンの除去をします。

 排気口に噴霧します。
すると・・・
カーボンが溶けて、どろどろを出てきました。

この作業を何度か繰り返します。

ARCバルブを開いて、隙間にも噴霧します。

 あとは、ウエスで綺麗に拭き取ります。

 カーボンが綺麗に取れています。

 フタを外したついでに、フタにバフがけしました。

 エキパイを取り付けます。

 耐熱塗料で綺麗になっています。

 最後にカムのフタを閉めて完了です。
 次に、プラグを外します。

 エンジンコンディショナーをシリンダー内に噴霧します。

 泡がモコモコ出てきました。カーボンを溶かしています。
 エンジンをかけて、エンジン内部に入っている、
エンジンコンディショナーを焼きます。白い煙が出て、アンモニアの臭いがします。

 これで完了!

ノッキングが解消し、ストレスなく吹き上がるようになりました。

お疲れ様でした。
エンジンコンディショナーはワコーズ!Amazonで購入できます。
ワコーズ EC エンジンコンディショナー ガソリンキャブレター車・LPG車の気化器・燃焼室洗浄剤 A113 380ml


     究極の在宅ワークで月収30万円!じっくり読んで下さい。

contents